讀書的足跡

廃院のミカエル    篠田節子 著

商社現地社員の美貴は、ギリシャで口にした蜂蜜にビジネスチャンスを見出し、通訳の綾子や偶然知り合った壁画修復士の吉園とともに産地の村を目指す。だが途中、廃院となった修道院に迷い込んでしまう。独居室の壁に描かれた大天使ミカエルの絵。無人の聖堂に響く祈りの声。逃げるように街に戻った後も次々と奇妙な事件が。綾子の異様なふるまい、相次ぐ村人の死、積み重なる家畜の死骸…。かつて、あの修道院で何が起こったのか。

先が気になる系。
楽しく読めました。
サスペンスかホラーか。
神がかり的な方向へもって行きたがる美貴をたしなめる吉園。(バランス良)
で結局どっちだったんだろう。
突如振りかかる賛美歌についての解説が無いぞ。

あまり深く考えてはいけない。
魔の地で取り付かれなかった美貴の人生は平坦なものであった。。。と
作者のメッセージとしてとるのは飛躍し過ぎ?

e0151789_1641452.jpg

[PR]
# by anm-kws | 2011-01-19 16:43 | 趣味(本)

ふたり狂い    真梨幸子 著

この小説は自分のことを書いていると思いつめた男の危険な行動(「エロトマニア」)、マンションの惨劇がフラッシュバックして襲いかかる女の苦脳(「デジャヴュ」)、何者かが人の記憶操作をしていると勘繰った女の疑念(「ゴールデンアップル」)―正常な日常が歪んだ世界へ徐々にずれてゆき、狂気が複雑に絡み合う。人が壊れゆくその瞬間をじわりとあぶり出し、どろりとえぐり出す、渾身の連作短篇。



短編と思いきや微妙に繋がっていました。
前の短編のその後が次で”風の便り”のように語られていて面白い手法です。
意味不明な箇所も多々ありましたが
内容がハードな為、読み直す気にはなれません。

e0151789_1629118.jpg

[PR]
# by anm-kws | 2011-01-19 16:43 | 趣味(本)

読書の足跡
by anm-kws
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

宜しくお願いします。

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな